ゆうほどう 07年 10月号
敬老会開催にあたり当園理事長谷口先生より、利用者の皆さんにお祝いの挨拶をされました。
先日今年度100歳を迎えれる○○さんに対して祝辞を述べられました。又、当園においては103歳の最高年齢者○○さんを始め100歳以上になる方が4名。90歳以上の方が31名にのぼります。
当園では、平均年齢が87歳で全国平均より高齢化が進んでいる状況を説明されました。益々ご長寿を祈念します。

敬老会のアトラクションのメインとして企画担当の職員がせりふを日南地方の方言に変えて「わらしべ長者」を上演しました。一部を紹介いたします。

ナレーター「昔 あるところに、貧乏やけんどん、そりゃもう、心の優しい若者(わけむん)がおったと..21日間お寺にこもちよ、観音様に祈ったげな...」
若者「どうか、観音様.こん貧乏なおり(俺)を救って下だり(さい)」

ナレーター  ちょうど、21日目のこと、若者の夢の中によ...観音様が出てきちよ こげん言いなさったげな..
「ここを出たら、一番先に手にさわった物を大事にもっていかんか..わかったか..」

寺を出たとたん..昆虫がまとわりつき
若者(わかむん)「まこち、しゃしぃむんじゃ(うるさい)」と言いながら、カブト虫を小枝先に縛りつけて....

子供「あん..虫が欲しとよ」とだだをこね....

母「こん子がわがままばっかぃ言うち..」
若者「観音様かぃもろた大事な虫やけんど.あげんほしがちょるかい、くるっかい(プレゼンする)」

母 恐縮して「何もお礼はねえけんどこれを..」と、つわ1束を(つわ葺)渡す。

若者「ワァー1本のわらしべがつわ(つわ葺)になったが、今晩は煮付けち、くをかい(食する)」

季節はづれの食材のつわを捜している嫁と出会い、嫁のぶつぶつ声。「えれむんじゃ、うちげんおっかさんは..今頃あっむんか。(今の季節にあるはずがないのに、嫁いびりをして...)」

そう思いながらも嫁は、とっさに、つわを盗ろうとする。

若者「何をすっとか..」声を荒げるがしだいに事情が分り、つわを渡す。

 全国的に有名な東国原知事が走って現れ「日南をどげんかせんといかん...」
「そん前に、こんのどをどげんかせんといかん」と ..のどが渇いて独り言...

..若者は見かねて、東国原知事に「水はねっけんど、ミカンをくてくだはり..(食べて下さい)」と手渡す。

知事 「おおきん、日南の若物は偉いもんじゃ」と感激して、今じゃすっかりブランドとなった「地頭鳥(じどっこ)」をプレゼント。

まだまだ物語は続き、死にかけた馬を観音様にお祈りして生き返らせたシーン、

そして、クライマックスでそれこそ美しいお嫁さんにめぐりあえました。「めでたし、めでたし」ハッピイエンドで幕が下りました。

100歳 万万歳
100歳のお祝いの為、H19年9月、中部福祉事務所長さん来園 総理大臣と東国原知事の表彰伝達を受けました。ご本人は体調不調で入院中の出来事でした。まもなくして、すっかりお元気になり、退院されました。早速お祝いに見えたことをお話しますと、感激極まり「まこつ、ありがてもんじゃ..おーきん」と合掌されました。「老いては子に従え」が口癖で流石に、人生を達観されています。入所についても自分で選択されました。記憶力も抜群な○○さん、益々お達者で......