ゆうほどう 08年8月号

3号館玄関5月より始まった一期改装工事が終了し、3号館玄関が利用できるようになりました。それに伴い事務所が7月末より3号館入口横及び3号館2階に移転しました。
ご家族、面会者、業者の方は3号館玄関で受付し、入館して頂くことになります。又夜間帯等についても当直が玄関につめ、昼間に引き続き応対できる体制に致します。その際は玄関右横インタホーンを使用して下さい。
尚、3号館2階事務所等にご用の場合は新設エレベーターをご利用下さい。地震等防災対策仕様となっています。
昭寿園訪問介護事業所と昭寿園ケアプラン作成事業所についても同様に3号館2階に移転となりました。

一期改装工事終了に引き続き二期改装工事が始まりました。
当園の中心部に看護室、静養室等拡張する計画です。9月初めに完成予定です。
その後、旧事務所に個室を整備していきます。完成は来年となります。

谷口理事長が当法人の沿革、21世紀の施設づくりの抱負を交え挨拶をされました。利用者・家族は基より、地域の方の期待に応えるようサービス向上に努めます。

薄暮、恒例の谷口病院主催の盆踊りに参加。
この日のため、焼きそば、イカ焼き、綿がし等の露店も店開き、雰囲気満点の中、和踊り、カラオケで始まりました。
利用者の○さん 家族が面会に見え一緒に見学、「孫がエイサーにでちょるとよ」と自慢げの様子。
利用者の○○さん「若け頃は婦人部長をして一所懸命じゃった」と昔を思い出した様子。 
近くの○さん「地域の風田の盆踊りをわしも踊ったもんじゃ」と一人ひとりの感想を聞きながら、夏の夜空に彩る花火を見てフィナーレとあいなりました。

当園を代表し、20代の若手職員5名がチームを組んで弁甲競争に参加。職員の綺麗どころの声援を受け、優勝を目指して、いざいかん。「いち..に、いち..に..」

沖縄で有名なハーリーの日南版?飫肥杉を丸太にした弁甲材を船に見たてて、競い合うものです。、さすがにくるくるまわり、「海へどぼん、またまた、どぼん」ようやく、折り返し地点差し掛かった所で、「またもや....とほほ..」奮闘むなしく救助艇のお世話になりました。
「来年は必ず完走するぞ」と誓いを立て帰園しました。ご苦労様でした。