いらっしゃいませ
平成21年度 昭寿園デイセンターの近況をお知らせします。

当事業所は日南市では始めてのデイセンターとして開設して、20数年経過しました。
この間、1日平均して25名方がお見えになり、延べ15万人以上の利用実績を積み重ねたことになります。ある意味では大変、感慨深いことと思います。

平成21年度は、外壁を一部ライトイエローにして、イメージが一変。モダンな建物に生まれ変わりしました。加えて、屋根改修の際、色どりにも配慮しました。
又雨の日、マイクロバスからの乗り降りでも、利用者様が濡れないように、玄関前にテント仕立ての屋根を設置して利用者様から好評を得ています。

平成22年度は全面的に内装改修をします。喫茶室の設置、食堂の拡張、リハビリルーム充実、又浴槽から箱庭を眺められるような風流感ある設計になる予定です。

高級車で有名なエルグランド、車椅子のまま乗り降りできるマイクロバス、小回りがきくリフト付き軽乗用車に、新しくチェンジして、快適な送迎サービスを提供しています。加えて、利用者様のアンケートによる要望にお答えして、新たにウォーターベッド型の全身マッサージ器を導入しました。ローラー型と違って体に優しく包み込むような体感となり、眠気をさそう位に心地よいとの評判です。

当事業所の所長は歯科医師です。職員研修会で次のとおりの講義を受けています。

 仝腔機能が低下する摂食機能の低下、発音機能の低下がおきる。
高齢者の生活の質を著しく低下させます。
8腔は温度、湿度。栄養というあらゆる点において、微生物が繁殖しやすい。
と生物が呼吸器感染症をはじめ、全身の疾患の発症と密接に関連している。
イい蹐鵑壁袖い鰺祝匹垢襪燭瓩砲聾腔ケア(口腔機能向上)のリハビリが必要です。

当事業の取り組みとして、特徴的なサービスをご案内します。
1、 口腔機能向上トレーニング
食事前に約7分間で、唾液腺のマッサージ、口唇のトレーニング、舌のトレーニング、
嚥下体操等を毎日実施しています。
利用者様から、「食事中にむせ込み、ひっかけ、誤嚥なくなった。」
又「痰がらみが少なくなった。」との声をお聞きします。
明らかな効果として「デイ利用中に吸引介助やタッピングが必要なくなった」
まさに職員の実感です。


2、 口腔ケア
利用者様一人ひとりに歯ブラシを持参してもらっています。
食後にブラッシングが不十分な方、出来ない方には全員介助を行っています。又自立している方にも、声かけしてその日の利用者全員が口腔ケアを実践中です。
今年の冬は呼吸器系の疾患で入院した方は一人もいらっしゃらなかったことは、スッタフとして何よりも喜ばしいことです。


3、 個別機能訓練
国の基準より多い配置数で機能訓練指導員は2名です。
通常は2時間配置ですが当事業所は通所サービス中、終日配置しています。
訓練プログラムについても利用者様一人ひとりの状況で個別機能訓練計画に基づき実施しています。


利用者様の筋力アップした方の例をあげます。

 (盥埔態でふらつきが軽減した。
◆^愡劼ら立ち上がりに安定感が増した。
 ものを捉らないで立ち上がれるようになった。


生活レベルでの改善した方の例をあげます。

 ー蠡の曲げ伸ばしが楽になり、手が後ろ側に届き服を着たり脱いだりができるようになった。
⇔ち上がりが安定してきたのでトイレに行くことの不安感が少なくなった。
I─腰、肩の痛みを訴える利用者が減少しました。

利用者様の全体の約30%近くの方々がリハビリによる効果が伺えます。
リハビリは継続が必要です。自宅でも口腔機能向上トレーニング等を行うように働きかけをしています。


最後に、介護保険が始まり、この10年間で民間サービス12社が参入して、利用者様が本当の意味でサービスを選べる時代になりました。
事業所からみると逆に利用者様に選んでもらうサービスを提供することが生き残れる道と思います。
スッタフ一同、御もてなしの心で、より専門性の高いサービスを提供できるように精進いたします。ぜひ、ご来所をお待ちしています。宜しくお願いいたします。