ケアプラン作成事務所

ケアプラン作成事務所

申込み受付の方法

電話、来所、訪問のいずれかで受付をいたします。
電話番号 0987-31-0662

職員体制
役職 人数 資格
管理者兼介護支援専門員 1名 介護支援専門員
介護福祉士
(重複)
介護支援専門員 4名 介護支援専門員
歯科衛生士
介護福祉士
(重複)
営業時間
平日 午前8:30~午後5:00
土曜 午前8:30~午後12:30
ただし、日曜日、国民の祝日、12月30日~1月3日はお休みです。
利用料金(無料、交通費無料、又解約料金は必要ありません)

要支援、要介護に認定された利用者様の利用負担はありません。
地域外の場合は介護支援専門員がお尋ねするための実費が必要になります。

個人情報保護について

社会福祉法人敬和会個人情報に関する基本方針等に沿って利用目的以外には使用しません。

居宅サービス計画作成にあたり次のとおりの方針で取り扱います。
  • 1.ア 利用者様が要介護状態の場合、可能な限り自立した日常生活を営むことができるよう配慮して計画を立てます。
  • 1.イ 利用者様が要支援状態の場合、要介護状態にならないよう可能な限りその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう配慮して計画を立てます。
  • 2.利用者様の要介護認定等に係る申請に対して、利用者様の意思を踏まえ必要な支援を行います。
  • 3.利用者様の選択により、心身状況、その置かれている環境等に応じて、
    適切な保健・医療サービス及び、福祉サービス、施設等の多様なサービスと事業所の連携を得て、
    総合的かつ効果的に居宅サービス計画書等を提供されるよう配慮に努めます。
  • 4.関係市町村から介護認定調査の委託を受けた場合は公平、中立、
    さらに被保険者に対し正しい調査を行い、その知識を有するよう研鑽いたします。
  • 5.利用者様の意思及び人格を尊重し、常に利用者様の立場にたち、利用者様に提供されるサービスの種類、特定の事業者に不当に偏することのないよう公平、中立に行います。
居宅サービス支援するにあたり次のとおりの目標を掲げ達成に努めます。
  • 1.年間研修計画に基づき職員の資質の向上を図ります。
  • 2.老人福祉法、介護保険法等及び関係法令の理解に努め遵守いたします。
  • 3.介護サービス情報公表における改善事項に取組みます。
  • 4.介護支援専門員倫理及び介護支援専門員の姿勢事項に沿って業務にあたります。
居宅サービス支援するにあたり次のとおりの取扱いをいたします。
契約後の手順
1)先ず、居宅サービス計画書を作成する事の説明と同意を得ます。
2)居宅サービス計画書を下記の手順にて作成します。
[1] 課題分析
  • アセスメント様式を元にチェックを行い利用者様・ご家族の意向を踏まえて解決したい課題、問題点等を明らかにします。
  • 短期目標等を定めた居宅サービス計画原案を作成します。
[2] サービス担当者会議
利用者様等、サービス提供者との連絡調整をした上でご自宅に関係者が伺い、居宅サービス計画原案について、話し合い行います。
3)居宅サービス計画書交付
[1]
サービス担当者会議を経て、利用者様等にサービス内容に同意を得てから居宅サービス 計画書交付を致します。その際に同意の署名と捺印していただくことになります。尚、 同意が得られない場合は計画の見直しをいたします。
[2]
各サービス事業所へ居宅サービス計画書とサービス提供票を交付します。
[3]
各サービス事業所の個別計画書を把握いたします。
4) 居宅サービス計画の実施状況等の把握及び評価

月1回以上利用者様宅を訪問し、利用者様の状況変化がないか又は新たなご要望等を把握いたします。

5)連携等
[1]
状況に応じ主治医との連携を図ります。
[2]
要介護認定等に関わる申請等の援助をいたします。
[3]
状況に応じ介護保険施設等の紹介及び連携を図ります。
6)介護支援専門員の変更

契約を取り交わした担当介護支援専門員が居宅サービス計画作成等の業務にあたりますが、諸事情で他の介護支援専門員に変更になる場合があります。

施設外観
アクセス